治療について

一般歯科

一般歯科(虫歯治療・歯周病治療)の様子
虫歯治療
虫歯の治療における約70%は「やり直し治療」と言われています。
当院は、虫歯が小さければ白い材料での修復が可能なので、通院は1度で終了いたします。
型どりをする場合でも、咬み合わせなどにこだわりながら「長持ちできる」治療を行なうために努力しています。
なるべく痛くない・歯の神経を抜かない治療を行なえるように心がけており、可能な限り神経を残すよう努めています。
また、麻酔注射時の痛みを和らげるために、表面麻酔や、極細の注射針を使用して、ゆっくり麻酔液を注入する電動麻酔器も使用しています。
虫歯・歯周病を予防に大切な歯ブラシ
歯周病(歯槽膿漏)
  • 毎日歯をみがいているのに口の中がすっきりしない・・
  • 歯医者さんで定期的に検診を受けているのに口臭やねばつきがある・・
  • 歯がぐらついているようでしっかり噛めない・・
これらはすべて歯周病の症状で、30代では8割が罹患しているといわれています。
これだけ多くの方が歯周病になってしまい、歯周病が一向に減らないのは、なぜでしょうか?
それは重症化するまで気がつかないことに原因があります。
そのため、30代後半から歯を失う原因のトップに歯周病が挙げられます。
痛みがなくても定期的に歯科検診を行なうことで、進行を止めることは可能です。
歯科検診ではポケットの深さがわかるだけでなく、目に見えない歯石を発見し除去することが可能です。
また、重度に進行した歯周病は、再生療法や歯周外科などをの最新技術を駆使し、出来る限り歯の保存に努めます。
再生療法を駆使すれば、部分的に喪失した骨を再生し、ポケットを減らすことも可能です。
歯周病の歯科治療例 レントゲン画像
症例
エムドゲインについて
歯周病によって喪失した歯の周囲の骨を再生療法によって治すことができます。
ただし、骨の状態によってできないこともあるので、一度ご相談ください。

入れ歯
噛むと痛い、しゃべりにくい、はずれやすいなど、入れ歯の問題点には、必ず原因がありますので、一度ご相談ください。
保険適応外ですが、留め金をなくしたり、上顎を覆わないようにすることも可能です。

症例

右で物がかめない、インプラントはしたくないとのことで来院されました。
総入れ歯にはせず、なんとか歯を残す形で、上顎はブリッジで対応し、下顎は残った健康な歯の上に取り付けるマグネット付のオーバーデンチャーを利用しています。

守口の新井歯科の入れ歯治療症例

ノンクラスプデンチャー症例

保険外ですが、銀色のクラスプがわからない入ればのことをノンクラスプデンチャーと言います。

メリット
・他人が見ても入れ歯をしていると気づかれない
・軟かさがあり、痛くなりにくい

守口の新井歯科の入れ歯治療症例
  • 診療時間 平日9:00-13:00/14:30-19:30
  • 土曜9:00-13:00/14:00-17:00 木・日・祝祭日休診
  • ただし、祝日のある週は木曜日診察しております
ページトップへ